パートタイマーの仕事を始める時期について

短時間労働者に関しての国の法律では1週間の労働時間が、正規社員よりも短い、あるいは1日の労働時間が変わらなくても、勤める日数が少ない者をパートとして取り決めています。

パートタイマーの仕事を始める時期について
パートタイマーの仕事を始める時期について

パートの主な特徴について

短時間労働者に関しての国の法律では1週間の労働時間が、正規社員よりも短い、あるいは1日の労働時間が変わらなくても、勤める日数が少ない者をパートとして取り決めています。ここでの時間や日数が少ないというのは、分かりやすくいいいますと1週間で35時間以内の労働時間という数値が定められています。そして、通常の正社員と異なる非正規雇用にカテゴライズされます。バイトあるいは派遣社員についてもこれに当たります。

パートタイマーのポイントとしまして、パートという雇用のスタイルの実際的な特徴は、正社員の給与よりも、パートの方が低水準なことが殆どです。また正社員の勤務する時間よりもパートタイマーであるほど勤務の時間が短めなのが通例です。2時間、4時間などと多種多様ですが、短時間での労働の契約であります。さらに、アルバイトでは幾週間から数ヶ月と長くない事が多くありますが、パートタイマーは長期間にわたって仕事に就く事が少なくありません。正社員と差が無く取り扱われる事もあります。勤務する時間と取り扱われている形式に違いがあることを除くと、正社員およびパートタイマーでは大きな相違点が見当たらないといえます。したがって、場合によっては保険に限らず健康診断、あるいは休暇を取るというようなケースなどは正社員に等しいような手続きで実施することもあると考えられています。